ブルーラグーン



 レイキャヴィク 〜 ブルーラグーン 〜 ケフラヴィークまでのグーグル・アースの衛星写真



ブルーラグーンのグーグル・アースの衛星写真  スヴァルスエインギ地熱発電所が使用した地下熱水の排水利用
 面積は約5,000m2(50mプールの4個分程の広さ)を誇り、露天温泉としては世界最大の温泉施設 



ケフラヴィーク国際空港から近いこともありアイスランド国内はもとより欧米各国からも多くの人が訪れる



白濁した温泉水には高い皮膚病治癒の効果があり、白いシリカを底からすくい上げて塗る



入浴している状態で売店から飲み物等をけ買えるようになっている

 

ビールを飲みながらの入浴風景



地熱のせいなのでしょう駐車場の附近は吹雪の中でも雪は積もっていませんでした


TOPページへ         旅行記へ

シングヴェトリル国立公園ゲイシール、 ゲトルフォスの滝スコゥガフォスの滝 スコゥガル民俗博物館セリャラントスフォスの滝
レイニスファットルヨークスアゥルロゥン湖、スヴィーナフェルスヨークル氷河 スーパー・ブルー(氷の洞窟)レイキャヴィク