ツアンダ

ツアンダ市街(サトレジ川からの遠景)



ツアンダ市街(サトレジ川方向)



ツアンダ市街(裏山方向)



チョルテン・ツァオ(イェシェ・ウーの大チョルテン、高さ7−8mある)

  

ツアンダ市街



ツアンダ  メインストリート 埃まみれの道路



トリン・ゴンパ(托林寺) 僧リンチェン・サンポが11世紀始めに建てた(17年間インドで仏教を学び、サンスクリット経典をチベット語訳に尽くした翻訳僧)



ラカン・マルポ(紅宮) 極彩色の壁画、塑像が残っている 13−14世紀のグゲ風とされるが15−16世紀との説もある

  

外側にはチベット仏教の特徴ある塑像

  

  

ラダックとの戦争時壊された上、文革の時、破壊された堂内



ラカン・カルポ(白宮) 修復中 壁画はゲルク派、ディクン・カギュ派のもので16世紀のもの



イェシェ・ウーのマンダラ堂(修復中)

TOPページへ         チベット旅行記

ザンムー  ニエラム  ミラレバ  ディンリー  チョモランマ  ペングウ湖  チョンバ  パヤン  タルチェン  カイラス  ティルタプリ  土林
ムンチェル  ツアパラン  
トンガ  ピヤン  マナサロワール