バンフ(カナダ)

トロントからカルガリーへフライト。西にロッキー山脈、東には世界有数の穀倉地帯と桁外れの自然に囲まれたカルガリーからカナダで最初の国立公園バンフへ
小さいがカナダを象徴する街。マリリンモンロー主演の映画の舞台ボウ滝とボウ川が有名街からサルファー山やカスケード山が見えカナディアンロッキーの入口


 

トロント近郊の旧い運河を眺め



飛行機でオンタリオ湖とも別れを告げカルガリへフライト

 

広大な穀倉地帯と思われる湖沼のの多い地区を過ぎると塩湖の目立つ地域の上空を通過

 

塩湖化の経過を象徴するような景観を眼下に地球温暖化や乾燥化を実感しながらのフライトでした

 

カルガリに近くなると河床が深くなりスプリンクラー灌漑なども見えてきました

 

      カルガリのビル街を車窓に一路カナディアン・ロッキーのバンフへ              カナディアン・ロッキーの入口ヤマナスカの一枚岩

 

バンフの町の北側に位置するカスケード山。カスケード(小さな滝)がいくつも流れるこの山はバンフのシンボル的な山

  

   黎明のカスケード山                  朝日を浴びるとカスケード山をバックの泊ったホテル

 

   カスケード山                                  泊ったホテル

 

朝日のサルファー山                              昼のサルファー山

 

アニマル・オーバーパス(幅が50mもある)                    アイスフイールド・パークウエイ  



キャッスル・マウンテン


TOPページへ