カナディアンロッキー(カナダ)

カナダを縦断する3000m級の山々が連なるロッキー山脈。そこに残された巨大な氷河。海の底に推積してできた水成岩が地殻変動で押し上げられ、
氷河期の氷河が何万年もの月日をかけ膨大な力で岩を削り取って創った自然の芸術。ジャスパー国立公園、バンフ国立公園、ヨーホー国立公園、
クートネイ国立公園と四つの国立公園があるが今回はバンフ国立公園だけの観光。カナディアンロッキーの宝石と呼ばれるレイク・ルイーズ、カラス
の足に似ているクロウフット氷河、ボウ河の源流ボウ・レイク、熊の毛皮の敷物に似たペイト・レイク、
コロンビア大氷原からあふれ出た
アサバスカ氷河、時間の関係でほんのさわりの部分だけの観光でした。、




アサバスカ氷河  アイスフィールド・センターから   コロンビア大氷原から押し出された”押し出し谷間型氷河”長さ6Km、幅1Km、厚さ340m
アサバスカ氷河の流れは一番早いところで年間約125m
 



左の山上に青白く輝くアンドロメダ氷河



ビクトリア氷河とレイク・ルイーズ  ビクトリア女王と娘ルイーズ王女にちなんで名づけられた



ホテル・シャトー・レイク・ルイーズ と ビクトリア氷河



ポール・パインの林(ネイティブ・カナディアンのテントの柱に使ったためにこの名がある)

  

キャッスル・マウンテン 探検隊員ジェームス・へクターがエジンバラ城を思い出し命名     一番下の氷河が落ちて二本に    



クロウフット氷河、左端の二本の氷河、1920年に三本延びていた一番下の氷河が落ちてしまい、現在は2本になっています



アイスフイールド・パークウエイの途中のパーキングからのクロー・フット山のパノラマ

  

アイスフイールド・パークウエイ                         ボウ氷河とボウ・レイク



ボウ・レイク  マリリン・モンロー主演の映画「帰らざる河」の舞台となったボウ川はここから始まる

  

クロウフット、ボウ、ワプタ3つの氷河から流れ出る水が溜まってできた湖で付近には山小屋風のロッジ



ペイト・レイク  山案内人ビル・ペイトにちなんだ名前 氷河のシルトが光を反射し季節により色を変える

  

ワプタ氷河、ミスタヤ氷河から解け出る水が溜まってできた氷河湖       光の具合によりエメラルド・グリーンに変化する      

  

         地層の境に残る氷雪               ネイティブ・カナディアンが狩の獲物を解体した川原(狼対策)



アイスフイールド・パークウエイ



アイスフイールド・パークウエイ

  

アイスフイールド・パークウエイ                     アサバスカ氷河からの流れ          

  

バスとタイヤの雪上車(スノーコーチ)を乗り継いで氷河の上に立つ          頂上付近で風が雪を巻上げ雲をつくる   

  

アンドロメダ氷河                               氷河の上に雪の雲

  

初代、2代目ともにキャタピラをはいた雪上車                 数々の青く光る氷が露出したクレパス

  

針葉樹林は冷風のため数百年経っても小さいまま           カルガリへの帰途、野焼きの煙が棚引いていました


TOPページへ