ローレンシャン高原(カナダ)

紅葉の観光スポットとして人気を集めているローレンシャン高原、カナダでは一流のスポーツ施設と宿泊施設のリゾート地としの評価が高い。『カナダの軽井沢』といった
ところ。夏はゴルフ、テニス、乗馬、カヌーなどのウォーター・スポーツ、そして冬はスキースノーモービルなどを楽しみに、メープルの森に点在する小さな湖のほとりの
リゾート・ホテルでのんびりするためにモントリオールからはもちろんニューヨークなどからも人々はやって来る。ケベック州の中〜北部に広がる広大な高原エリアで、
標高数100mのなだらかな丘陵地帯に7万ともいわれる大小の湖沼が点在してる。カエデ(シュガーメープル)やシラカバが赤や黄色に色づきローレンシャン高原の中で、
標高960mという最も高い山、モン・トランブランを中心に広がる、ケベック州内随一のスキー・リゾート夏期でもリフトを運行しているので山の上に上ることができる。




森と無数の湖からなる大自然の宝庫

   


 

メープルやシラカバの木々が燃えるような赤や黄色に色づき、果てることなく続いています



砂の湖(STE-AGATHE DESMONTS)   湖底のほとんどが砂

 

        モン・トランブラン・ビレッジ

 

ホテル、コンド・ミニアム、レストランの建ち並ぶ一大リゾート

 




夜も遅くまで明々と街灯が輝いていました

 

早朝のホテルの窓から曇り空の基でも鮮やかな紅葉を楽しめました

 


TOPページへ