ペラヘラ祭( 仏歯寺・キャンディ・スリランカ )

聖都キャンディの仏歯寺の祭りがペラヘラ祭です。ペラへラとは、行列、行進という意味でのペラへラ祭は7月の新月から満月に至る約2週間の行事です。ペラへラの構成は、
鞭打ち、旗持ち、土地役人、太鼓叩き、象舎の長、踊り手、副在家総代、仏歯の象、在家総代、ウェスダンス、各神殿の象、各々の神殿の総代、輿と続きます。


  

9時、露払いの鞭うちが5〜6時間前から並ぶ民衆の前を路面をたたきながら開始を告げる

  

メイン通りを松明を明々と行進

    

笛や太鼓、曲芸、のパレードが練り歩く

  

寺の仏教旗の行列

  

着飾ったり電飾された象のパレード



9時から11時までの2時間で65頭の着飾ったり電飾された象と楽隊のパレードは圧巻でした

  

最後は大きな牙の巨象の背中に乗せた仏陀の歯の行列でクライマックス 



パレード終了の後は民衆の大移動で通りは大混雑


TOPページへ