マッサワ(エリトリア)

 

エリトリア・マッサワ港衛星写真



黎明のマッサワ港 田舎の漁港を少し大きくした程度のビルも何もない小さな港 エチオピアから独立した一番新しい国



寄航している大きな船は2〜3隻

 

漁船がちらほら見受けられる程度



トパーズ号が大きく見えました



エチオピア皇帝の別荘のドームの傷跡は独立記念エンブレム

 

街中は戦争の傷跡が生々しく残っていました



殉教者記念公園



独立記念でないところにイスラムの匂いを感じました

 

北紅海博物館 名前と違い独立戦争博物館でした 展示物は独立戦争の武器 館内撮影禁止 貧弱な武器ばかりでした

   

野外展示品は プレジャーボートに軽銃器を搭載したもの 独立戦争の苦労がしのばれました  船外機は全部日本製 



”灼熱の荒野で駱駝のキャラバン”のオプシャナル・ツアーに参加 生憎の曇り空でしたが暑さは生半可ではありませんでした

 

曇りでこの暑さ 砂漠とはいえ紅海の沿岸 湿度が高く日照りの暑さは想像を絶するだろうと思います
政府のガイドのせいか?遠望の貧弱な民家には案内されませんでしたが、住民の明るさには将来の希望を感じました



別荘のドームの独立記念エンブレムを遠望しながらスエズ運河に向かって紅海に出航

TOPページへ