ダマスカス

シリアの首都ダマスカス。ダマスカスはパラダ川のほとりにある人口400万人のオアシス都市で、ウマイヤ朝の時代に首都になりサラディーンの時代から繁栄していった。古代からシリア地方の中心都市で、紀元前10世紀にはアラム人の王国の首都でもあった



ダマスカス中心部



シリア砂漠のバグダッドカフェ





旧約聖書によるとカインが弟アベルを殺した場所とされ世界最初の殺人事件の現場といわれるカシオン山が国立博物館の庭から見えます。
その頂上からはダマスカスが一望のもとに見渡せる。           国立博物館の庭には出土品が展示されていました。

  

            国立博物館                  ウマイヤ朝の遺跡のヘイル宮殿の門を移築          館内はカメラ持込禁止
BC2世紀以前、BC2世紀からAD7世紀、AD7世紀以降のイスラムの時代の3つのセクションがある。



カシオン山からのダマスカス市街のパノラマ



山頂のレストランからの夜景





スーク・ハミディーエ  600mの道に1200軒近くの店が並んでローマ時代のゼウス神殿の門が立っている

 

アゼム宮殿オスマントルコのダマスカス知事アサッド・パシャ・アゼムが建てた宮殿

 

         ウマイヤドモスク(現存する世界最古のモスク)の衛星写真           異教徒女性が入場する時はネズミ男の恰好をさせられる

 

ウマイヤドモスク 世界最初のイスラム王朝、ウマイヤ朝の建立、現存する世界最古のモスク。



中庭は大理石で敷きつめられた長さ122m、幅50mの広場





         ヨハネの霊廟                    シーア派の聖人の記念日で黒のイランからの巡礼が目立った


聖アナニアス教会  

旧市街の中にあり、ひっそりとたたずむ教会。階段を下りると中が洞窟のような祭壇がある。エルサレムから迫害され逃れてきたキリスト教徒が住みついた。





パウロの目にアナニアスが手をおきウロコが落ちたと言われている物語額が掛ってをり壁には信者の寄進の紙幣が沢山ありました。



聖パウロ教会

 

聖パウロ門  パウロが籠にぶらさげられて脱出した門                            聖パウロ教会                         

TOPページへ

ペトラ  アンマン  ネボ山、マダバ  ジェラシュ  ボスラ  ダマスカス  パルミラ  マルーラ  バールベック  アンジャール  ベイルート