昆明

雲貴高原の中央部に位置し市中心部の海抜は1891m、三方が山に囲まれ低緯度の高原山地のモンスーン気候に属し、年平均気温が15℃、気候が穏やかで夏に酷暑なく、冬に厳寒なし、一年中春のようで、気候がいい、まさに名高い春城と呼ばれる。(森林公園)(金殿)園内は広く、温室もあり、サボテンがかわいく植わっていた。毎年12月から来年の3月にかけて数万羽のユリカモメが北部の寒さを避けるため飛来して翠湖公園に棲息している。昆明市の総面積は約15560km2その中に市区の面積は約98km2全人口は約400万人、昆明には26の少数民族が住んでいる。中国領になったのは遥か後世の元の手によった、その後、明、清とつづくが彼らは完全に服従した訳でもなく集落ごとに領域を設け外部からの侵略を頑強に拒んだ。従って漢族化されることも少なく自分達の文化や伝統的な風俗習慣を保っている。 そのため市内にも色美しい民族衣装をきたパイ(白)、イ(彝)、ハニ(哈尼)、ナシ(納西)、ミャオ(苗)ホイ(回)族などの少数民族が住んでいる。昆明には広大な敷地(80ヘクタール)が広がる雲南民族村がある、各民族ごとにいろいろな風習や伝統があっておもしろい。



金殿鐘楼より昆明市街を眺望

 

翠湖公園                             森林公園、金殿

 

 

  

昆明近郊の遺跡からの出土品のレプリカ              金殿鐘楼                  雲南民族村     



民族村の大菩提樹

  

チンポー(景頗)族村           チンポー(景頗)族の娘             チベット(蔵)族村
雲南省徳宏地域を中心に約12万人が集住。チベット系地続きのミャンマーにも多く住み、カチン族として知られる

  

                                   ハニ(哈尼)族村             ハニ(哈尼)族村の娘
雲南省南部に居住し、人口約125万人。チベット系。プーアル茶を産する他、段々畑で稲作を行う。

  

摩しゅん人の娘とその家(女系家族で通い婚で有名)

  

ナシ(納西)族村
雲南省を中心に四川、チベットにも分布。人口約27万人。チベット系。トンパ教を信仰し、納西古楽を伝承する伝統文化を有する

   


TOPページへ             
旅行記へ