雲南省(昆明、石林、九郷、西双版納、麗江、大理) 広州 旅行記



チベット旅行で”土林”を見た。しかし中国雲南省の”春城”昆明には“天下第一の奇観”とされる石林、があるので是非見たいと思っていた。”孔雀で有名な”西双版納、“風花雪月の名勝”大理、”高原の水城”麗江、それに内容は知らなかったが”名勝”九郷、がセットされたツアーが阪急旅行社の福岡発で12月12日催行決定でしたが、満席でキャンセル待ちをかけていたら運良く参加出来ることになりました。   

旅行地区の地図は左右図の通りです。








12月12日 14:30分 福岡空港発、広州 経由 昆明に到着。

12月13日 石林観光、思っていた石林ではなく、同じ様な名勝が何箇所かあり、そのうちの乃古石林の観光でした。続いて、詳細を前もって知らなかった”名勝”九郷の観光でしたが期待した石林よりも感動しました。

12月14日 昆明市内の、翠湖公園、金殿、雲南少数民族村の観光。夕方西双版納(シーサンパンナ)へ、到着後 ホテルにチェクインし、タイ族の舞踊を見ながらの夕食。

12月15日 西双版納ではフライトの変更のため午前中のみ、ガンランバ、マンティン公園マンティン市場を観光。午後の便で大理へ。大理では三塔寺大理古城を観光。

12月16日 
ジ海(シ+耳)遊覧観光後、麗江へ、途中、喜洲民居、周城藍染の工房を見学。麗江到着が早かったため、麗江古城の四方街を散策、

12月17日玉龍雪山観光、雲杉坪(ウンサイピョウ)までリフトと徒歩(高地なので籠や馬を雇う人もいる)で登り、雪山の眺望を楽しむ予定だったがあいにくの曇りで目的は果たせなかった。
午後は麗江市内に帰り 麗江古城もう一度観光の後、玉泉公園の五鳳楼、東巴(トンバ)博物館を観光。夜の便で昆明へ。

12月18日 朝の便で昆明から広州へ、午後、陳氏書院、鎮海楼、広州美術館を観光後、名物の子豚の丸焼きでお別れパーティー、最後の観光の珠江の夜景観賞で現地日程を終了した。


TOPページへ